Apple Pencil(アップルペンシル)レビュー、噂の実力をチェック

Apple Pencilをヨドバシカメラにて購入しました。
定価:10,800 (税別)

た、高い、、、!
そして10,800円なのに”税別”なのか、、、笑

値段以上に活用していきたいと思います。
まずは、Apple Pencilで何ができるのかチェックします。

開封

ヨドバシカメラにて購入しました!
さっそく開封。

ペン先の予備が入っているようです。

ペンを持つと、思ったより細くて重い、、、

使う準備

【ここがポイント】
・完全に奥までは入らない

iPadに挿し込むと一番奥まで入らない、、、わかっていても最後まで押し込もうとしてしまいます。
カチッと音がしたら、それ以上は進まないので注意してください!

Bluetoothで接続してくるか聞いてくる
「オンにする」を選択すると、もうペアリングが済んでいます。

一応確認↓ 素晴らしい、ちゃんと繋がっている

噂の差すだけ充電

【ここがポイント】
・15秒の充電で30分使える

驚異的ですが、15秒ほど挿し込んでおくだけで30分程使えるそうです。
きっとペンの電力パフォーマンスが最高なのでしょう。

何に使えるの?

さてさてペンを買ったものの一体どれくらい活用できるのでしょうか。

絵が描ける

当然、絵が描けます!
より具体的にいうと、凄く描きやすいです!
専用のアプリがたくさんあったり、ペンの性能が良かったり。

といっても、私は普段は描かないので絵心もありませんが
試しに描いてみると楽しくて仕方ありませんでした。

以下、絵を描いた感想↓
ipad Proの「Apple Penci」で手書きイラストを描いてみる(トレース編)

総評まとめ

最高です!
同じくアップル純正のスマートキーボードが高いせいか、ペンは安く感じてしまいます。笑

何やらアップルペン専用のケースなんかも販売されているようですね。
私はケースを買おうと思います。

↑こんなのです
(まさかペンに服を着せる時代が来るとは、、、)

The following two tabs change content below.
iPadをこよなく愛するガジェットマニア。
数多のタブレットを使った結果「iPad最強」にたどり着く。
職業プログラマーなので仕事にも活用!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

iPadをこよなく愛するガジェットマニア。
数多のタブレットを使った結果「iPad最強」にたどり着く。
職業プログラマーなので仕事にも活用!